資格不適合について

今回の高石市テニスフェスティバルにおいても資格不適合により失格者が出ました。
資格不適合にはペナルティがあります。
ペナルティはITFルールに準じますがローカルルールを加えております。

 Withdraw(ウィズドロー)‥‥怪我や病気などで出場辞退すること
 No show(ノーショウ)‥‥遅刻や無断欠場 ※無断欠場は重大な違反行為です
 W.O.(ウォークオーバー)‥‥相手のウィズドローやNO SHOWにより不戦勝となること
 DEF.(デフォ)‥‥重大なコード違反をしてレフェリーから試合を禁止されること

認定級の戦績調査
認定級は当連盟が責任を持って管理しております。
認定級の資格不適合はドロー会議までに検出して適正級のドローに編入します。適正級のドローへの編入はドロー発表をもってのみ告知します。
対戦相手に不当な敗戦を強いることが無いため、それ以外のペナルティは原則としてありません。

ただし反省の気持ちに乏しい言動があったと理事会,レフェリー,コレフェリーが判断した場合、それ以降〜翌年の当連盟主催大会出場停止を理事会にて審査します。

認定級の戦績調査
認定級は当連盟が責任を持って管理しております。
認定級の資格不適合はドロー会議までに検出して直近上級のドローに編入します。
直近上級のドローへの編入はドロー発表をもってのみ告知します。
対戦相手に不当な敗戦を強いることが無いため、それ以外のペナルティは原則としてありません。

ただし反省の気持ちに乏しい言動があったと理事会,レフェリー,コレフェリーが判断した場合、それ以降〜翌年の当連盟主催大会出場停止を理事会にて審査します。

申告級の戦績調査
発表したドローを見た方からの情報提供によって戦績調査に入ります。
申告制度とは正しく申告されているという前提に立つものです。
そのため情報提供がなされるまで、積極的に戦績調査は致しません。

申告級の資格不適合のペナルティは次の通りです。

大会までに申告級の資格不適合が判った場合
大会に出場できません。
意図的でなく申告ミスだと判断した場合は、Withdrawとして取扱いWO.と記録するに留めます。
意図的な違反だと判断した場合は、試合前でもDEF.と記録します。
申告級の選手への認定級は取り消します。

対戦相手に不当な敗戦を強いることが無いため、原則としてそれ以上のペナルティはありません。
ただし反省の気持ちが乏しいとレフェリーが判断した場合、それ以降〜翌年の当連盟主催大会出場停止を理事会にて審査します。

初回戦終了までに申告級の資格不適合が判った場合
大会に出場できません。
試合途中の場合は試合を終了して頂きます。
資格不適合者にDEF.と記録します。
申告級の選手への認定級は取り消します。
更に対戦相手に不当な敗戦を強いたかも知れないことへの反省の気持ちが乏しいとレフェリーまたコレフェリーが判断した場合、それ以降〜3年間当連盟主催大会出場停止を理事会にて審査します。

一勝以上した後に申告級の資格不適合が判った場合
次の試合に出場できません。
資格不適合者にDEF.と記録します。
申告級の選手への認定級は取り消します。
更に対戦相手に不当な敗戦を強いてしまったことへの謝罪と反省の気持ちが乏しいとレフェリーまたはコレフェリーが判断した場合、それ以降〜5年間当連盟主催大会出場停止を理事会にて審査します。

情報提供頂く方へ
適正な大会運営へのご強力に心より感謝申し上げます。
戦績調査の結果、思い違いなどで不適合が無かったと致しましても、匿名で結構ですのでご忌憚なく情報をお寄せください。
なお、不適合者のためにも不適合者の対戦相手のためにも、出来るだけ早くお申し出くださいますようお願い申し上げます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる